よしぶえ 2008 autumn No.57
よしぶえトップページ
淀川・公園を愛するみなさん
公園めぐり
こちら管理所
これからのイベント
ニュースレポート
お知らせ
よしぶえバックナンバー
淀川・公園を愛するみなさん
淀川河川公園で自然と遊ぼう! 講師「シニア自然大学」のみなさん
 8月17日、淀川河川公園十三野草地区で恒例の「淀川の自然を楽しむ会」が実施されました。86回目の今回は、十三干潟でシジミ採りなどを体験するプログラムで、参加者は110名。会場を訪ね、講師を務めるシニア自然大学のみなさんにお話をうかがいました。

都会の中にある貴重な自然
 ゆったりと流れる淀川、対岸には大阪随一の高層ビル群。十三野草地区を訪れると、大都会と自然という意外な組み合わせのパノラマが広がっていて、驚かされます。
 「まずは、このスケールの大きな淀川の眺めを楽しんで欲しい」と言うのは、講師で水生生物科幹事の浜嶋尚義さんです。伸びやかな水辺にはヨシ原があり、水が引くと忽然と干潟も現れる。そして、みるみるうちに水が満ちてくる。浜嶋さんは、そんな自然が都心に残されていることを一般の人はほとんど知らない、こうしたイベントを通して多くの人に知ってもらえれば、と話します。

十三干潟に子どもの歓声が響く
 干潟は十三野草地区に隣接しているので容易に来られます。「大きいシジミが採れた」「泥が気持ちいい」。干潟のあちこちで参加者の歓声が上がりました。ここで採れるのは主にヤマトシジミで、泥を吐かすと食べられます。参加者からは、「収穫があるのは楽しい」「干潮の時間が分からないので来たことがなかったが、イベントのおかげでシジミが採れた」の声も。講師の川野晴雄さんは、シジミ採りに熱中する子どもは生き生きとした表情をしています、そんな子どもたちの喜ぶ声が聞けて嬉しいです、と目を細めていました。

生き物の楽園を愛して
 「淀川は干潟があるから面白いですね。この辺りは川の水と海水がぶつかる汽水域で、流れは緩やか。泥にミネラルなどの栄養がたっぷりたまり、空気も混ざっていて、生き物にはすみやすい、大切な場所です」と浜嶋さん。砂や泥を踏みしめる感触から、自然が息づいていることを感じるといいます。
 その話の通り、シジミを探す人のそばをカニが歩き、講師が打った投網を探るとマハゼやキビレのほか、小さなウナギやボラも見つかりました。「ボラの目は水中眼鏡のようになっているよ」、という講師の説明に、子どもたちの目が輝きました。
 イベントのしめくくりは、見つけた生き物の解説です。講師の熱心な話ぶりに、自然を愛する気持ちが伝わってきます。「ヨシ原でのカニ釣りなど、淀川の水辺では色んな遊びができます」、と話す川野さんの笑顔も印象的でした。
 淀川河川公園は都心に位置する身近な公園でありながら、多様な自然と出合うことができます。自然とふれあい、自然を学ぶ場として、さらに活用されることが望まれます。
シニア自然大学のみなさん。水生生物科の浜嶋尚義さん(中央右)、講師の川野晴雄さん(前列左端)
写真にカーソルをあてると拡大して見ることができます↑
対岸に高層ビルを望む十三干潟でシジミ採りを楽しみました
みんなで楽しく摂りました。 生き物の解説に聞き入る参加者。大人も子どもも興味津々です 十三干潟のシジミは大きいのが特長。淀川の恵みをいっぱい受けて育ちました。 対岸に高層ビルを望む十三干潟でシジミ採りを楽しみました 一番大きなシジミを摂ったのは誰かな?
投網で見つかったキビレとウナギの幼魚

投網で見つかったキビレとウナギの幼魚。他にもたくさんの生き物がいました。

ページトップ