よしぶえ 2008 summer No.56
よしぶえトップページ
淀川・公園を愛するみなさん
公園めぐり
こちら管理所
これからのイベント
ニュースレポート
お知らせ
よしぶえバックナンバー
淀川・公園を愛するみなさん
郷土への想いに集い、年に一度ハタを揚げる「大阪長崎県人会」の「ハタ揚げ・コマ回し大会」
五月晴れに凧!5月18日太子橋地区で行われた今年30回目の長崎県人会『ハタ揚げ・コマ回し大会』におじゃましました。参加の多くが長崎県出身者とご家族で、開会宣言前からハタ揚げが始まっていました。
「長崎では凧をハタと呼び、春に揚げます。昔から4、5月頃、酒や弁当を持って近くの山へ上り、老若男女でハタを楽しんだそうです。今も長崎では三大行事の一つとしてハタ揚げは盛んです。ハタは南蛮貿易時代に出島にいたインドシナ人から伝わり、絵柄は南蛮船が揚げる旗を模したものがはじまりで、120種以上もあります」
…お話は長崎出身で日本の凧の会『風人』の狭川一三さんに伺いました。
「ハタは本来合戦目的のけんか凧です。ガラスの粉を塗りつけた糸で他のハタの糸を切ります。そのため攻撃相手に向かって自由に飛ばせるように足はつけません」
足がないとかなり不安定で、はじめての人はハタに翻弄されますが、慣れれば思う向きに走らせることもできるそうです。
「淀川では年に十数回、凧揚げ大会のサポートをしています。街で凧が揚げられる便利さがいいですね」
午後からは『佐世保コマ』回し、再びハタ揚げとつづき、閉会時にハタ揚げや、コマ回しの審査発表と表彰がありました。毎年5月第二日曜の開催予定が、雨で一週遅れとなりましたが、午後からは淀川を上る風も強くなり、参加者も見物客もハタ揚げを存分に楽しめました。
大阪長崎県人会では6月に総会、高校野球や駅伝等の応援、長崎出身タレントによるイベントなど活発に活動されています。
狭川一三さん

右に左に、急降下も。
ハタを意のままに操る
狭川一三さん。

写真にカーソルをあてると拡大して見ることができます↓
ハタの絵柄は本来印刷ではなく、赤、青、黒などの色紙の張り合わせでできています。そのため鮮やかでメリハリが効いています。
ハタ揚げを中断して和やかに開会式。 佐世保コマ回しの子供の部。何組かに分かれてタイムを競います。このコマも慣れないとなかなか…。
ページトップ