よしぶえ 2006 winter No.50
よしぶえトップページ
淀川・公園を愛するみなさん
公園めぐり
こちら管理所
これからのイベント
ニュースレポート
お知らせ
よしぶえバックナンバー
淀川・公園を愛するみなさん
園児〜6年生までみんないっしょ、草原で元気に遊べ 大阪市立大淀小学校・中大淀幼稚園の『淀川であそぼう』
川風吹く大淀野草地区で、大淀小学校と併設の中大淀幼稚園が毎年11月に開く『淀川であそぼう』を参観しました。全学年児童と園児で縦割りグループを作り、淀川の自然の中で遊ぶという行事です。高尾ちか子校園長にお聞きしました。
「縦割りグループ活動では、年少者とのふれあいを通じて、思いやり、責任感を育みます。子どもは年齢など関係なくすぐに仲良くなります。年上の子はお兄ちゃん、お姉ちゃんになって、いろいろな遊びを教えたり、小さな子にやさしくしたり、年下の子の面倒をみようという気持ちが生まれますね。園児や低学年も年上の子を慕い、頼りにします」
──各グループで遊びはいろいろですね
「遊びは各縦割りグループごとで決めます。授業でもやっている長縄跳びが人気で、鬼ごっこやハンカチ落とし、だるまさんが転んだなど。ボール遊びは禁止にしました。安易にドッジボールになってしまいますから」
──運動場から淀川へ、魅力は?
「河川公園は運動場より広いですし、いつもと違う自然の中でのびのびできて、草っ原だと走ったり転んだり、一層元気ですね。学校を離れてみんなで外出するのも楽しいようです」
活動後半は大阪市の『クリーンおおさか』の一環として、公園の清掃も行われ、軍手をはめた小さな手で、みんな懸命にゴミを拾いました。後で絵日記や作文になるとか。さて子どもたちはどんな感想を持ち帰るのでしょう。
大淀小学校では10年程前から秋の淀川遊びを行っており、平成16年までは年2回の淀川ウォッチングを開催。また2月にはマラソン大会(JR鉄橋〜新十三大橋間)、総合学習でもしばしば大淀野草地区を利用されている。
高尾ちか子校園長
高尾ちか子校園長
 
園児〜6年生までみんないっしょ、草原で元気に遊べ
大阪市立大淀小学校・中大淀幼稚園の『淀川であそぼう』
写真にカーソルをあてると拡大して見ることができます↓
花の咲いている十三野草園
ページトップ