よしぶえ 2006 SPRING No.47
よしぶえトップページ
淀川・公園を愛するみなさん
公園めぐり
こちら管理所
これからのイベント
ニュースレポート
お知らせ
よしぶえバックナンバー
公園めぐり 淀川河川公園 長柄地区・長柄河畔地区・毛馬地区

 
淀川河川マップへ
ご覧になりたいマップをクリックして下さい。拡大画面でご覧になれます。

都会を映す歴史の水辺、毛馬・長柄でのんびりと

新淀川開削で大川との分岐点となった歴史の地・毛馬…。大堰の上下流の3地区を訪ねた。
「この辺はジョギングや自転車の方が多く、『毛馬の閘門は通れるか』『芭蕉の碑や旧閘門はどこか』と問われることもあります」

──たくさん花壇がありますね。

「春は百日草、秋はコスモス。長柄地区では水仙やチューリップが人気ですが、摘み取る人が増えて困っています。長柄河畔地区は桜がいっぱいで、毎年花見の陣取り合戦ですよ(笑)。毛馬地区の堤防斜面にはツクシが群生します。大阪キタから近いし、時々料理人では?と思う人も来られますよ」

──水鳥も多いですね。

「大堰で淀川の流れが穏やかなので水鳥が集まり、野鳥観察も盛んです。閘門からカワウが魚を追って潜る光景も見られます。以前は水路でヌートリアの親子をよく見かけましたが、今年はどうでしょう〜」

──釣り人もいっぱい!

「大堰上流はコイ・フナ・モロコ、下流はスズキやイワシ・サヨリ等が釣れます。ただマナーが問題で、釣り糸などのゴミは、野鳥がからまったりして危険です。ご注意いただきたいですね」

 
毛馬洗堰あれこれ

 
 
  ページトップ
拡大マップへ イラストマップ拡大 イラストマップ拡大 アクセスマップ拡大