よしぶえ 2005 AUTUMN No.45
よしぶえトップページ
淀川・公園を愛するみなさん
公園めぐり
こちら管理所
これからのイベント
ニュースレポート
お知らせ
よしぶえバックナンバー
ニュースレポート
干潟でたくさんの生き物に興奮/淀川の自然を楽しむ会
「楽しむ会」の様子
夏休み最後の日曜日・8月28日、十三野草地区で開かれた「第77回淀川の自然を楽しむ会」に総勢55名が参加。「干潟を楽しもう」をテーマに曇り空の下、十三干潟でシジミ採りや投網による魚採り、カニの観察採集を楽しみました。参加者たちは淀川汽水域に、たくさんの生き物が生息していることに驚きの声を上げるなど、本当に楽しい一日を過ごせました。
淀川レンジャー活動/「水防工法体験会」を開催
土のうを積んで・・・
残暑厳しい8月29日(月)・9月9日(金)の両日、十三野草地区下流部河川敷で、河川レンジャー活動「水防工法体験会」を開催しました。
この活動は「これからは河川を管理する行政と沿川住民がいっしょに川を考え、守り、育てていく」という考えを基に、地域の情報に詳しく、『川』への想いをお持ちの方に『河川レンジャー』になっていただき、地域と川を結ぶ活動を主催いただいています。
今回は淀川区の河川レンジャー・辻川松子さんの呼びかけで、地元中学の生徒さんと水防工法の体験会を行いました。会には淀川右岸水防事務組合、国土交通省淀川河川事務所の職員も参加。水防事務組合による水防活動の重要性や水防道具・水防工法の説明の後、実際に土のう作りや水防工法を体験しました。スコップ5〜6杯の砂で、重さが40〜60kgにもなる土のうを、生徒さんは汗だくになりながら懸命に積み上げていました。
 
ページトップ