よしぶえ:タイトルロゴ
よしぶえトップページ
淀川・公園を愛するみなさん
公園めぐり
こちら管理所
これからのイベント
ニュースレポート
お知らせ
よしぶえバックナンバー
淀川・公園を愛するみなさん  
"桜の宴"に、にぎわいの花をそえましょう  
1.4kmに約230本の桜の並木が壮観な淀川
河川公園・背割堤地区。ここで開かれる『八幡桜まつり』を主催されている八幡市観光協会の井口博久会長にご紹介いただきました。
「この見事な桜を見ていただく祭りに、『やわた物産店』が4年前から加わりました。八幡をもっと知っていただくため、商工会を中心とした十数店が、和菓子や飯類などの名産品の販売、観光パンフレット配布、それに軽食や飲物を販売してきました。昨年までは堤防上の並木道に出店していましたが、今年は堤防を下り広々とした場所に出店します」
毎年、平日でも5千人、土・日には2万〜2万5千人が来られると聞きましたが…。
「今年は公園の入口にある御幸橋が架け替えられたので、混雑緩和が期待されています。それに第二京阪道路、京都第二外環状道路、国道478号の開通で、交通の流れも良くなるでしょう」「また駐車場は近くに2ヶ所設け、協力金をいただくことで、誘導員を置き、解りやすい看板等を作ります」「あとはゴミですね。出店者はもちろん掃除をしますが、特にバーベキューをされる方には、後で来られる人のことを考えて、ゴミの持ち帰りをお願いしたいですね」
──八幡は桜自慢のまちだとか。
「背割堤の他に、『石清水八幡宮』や『さくら近隣公園』、『松花堂庭園』の桜もみごとです。歴史散策も兼ねて、見ていただきたいです」
  写真   今年の開催は3月27日(土)〜4月11日(日)〔桜の開花により変動あり〕(詳しくは中面参照)。  
  井口博久会長は江戸中期からつづく和菓子屋のご主人。      
         
  写真  
  花見・桜の宴も真っ盛り。しかもこれが平日の風景です!土・日曜日に行かれる皆さん、「…ガンバリましょう!」  
 
写真
ここから約1.4kmの桜のトンネルが続きます。(歩きやすい靴でお出かけを…)  
     
写真
 
写真
 
写真
昨年まではこんな感じでお店が並びました。今年は堤防の下の方なので、皆さんお見逃し無く!  
 
 
ページトップ