淀川河川公園ニュース

第6回
淀川河川公園凧揚げ大会
“新”淀川の大凧
“新”淀川の大凧
よく揚がった手作り凧
よく揚がった手作り凧
 2月4日(日)、淀川河川公園太間地区で凧揚げ大会が行われ、午前9時半には縦7m×横4.5m(20畳敷き)の「淀川の大凧」が舞い上がりました。この大凧はこれまでの竹&和紙製の凧に代わって昨年6月に新調されたもので、布地2枚張りのフトン凧と呼ばれています。わずかな風でも揚がるのが特徴で、この大会が初揚げとなりました。一番人気は和凧プレゼントコーナー、午前と午後の2回に分けて1,000枚の和凧が配布されました。また、手作り凧コーナーも早くから家族連れや友達同士でいっぱい。上手にできた手作り凧には多数の賞品が手渡され、子ども達も大喜びでした。昼頃からは風にも恵まれ、新しい「淀川の大凧」や小さな和凧が舞い上がり、凧揚げを指導する「日本の凧の会」のメンバーと子ども達が一体となった楽しい冬の1日でした。


第24回
「新春走ろうかい」
ひらかたハーフマラソン
 1月9日(火)、2001年淀川河川公園の最初を飾るイベントが枚方地区で盛大に行なわれました。恒例となった「新春走ろうかい」は今年で24回目、3,000人を超す参加者が全国各地から集まりました。競技は男女ハーフマラソンの他に10km・5km・3km・2kmなど全17種目を実施。枚方地区をスタート・ゴールに枚方〜守口両市にまたがる淀川河川公園を使ってランナー達が健脚を競いました。沿道には参加者の家族や友人が多数集まり、やや肌寒い北風にも負けない声援が河原に響く中、1時間9分18秒で高田伸昭さんが、1時間24分36秒で能勢純子さんがゴール。ランナー達は今世紀最初のランニングを存分に楽しんだ1日でした。
★[男子]
1位 高田伸昭(枚方市)
2位 北口俊成(大東市)
3位 橋本昌典(寝屋川市)

★[女子]
1位 能勢純子(河内長野市)
2位 福本美香(大阪市)
3位 室井ひで子(守口市)

戻る 次へ