魚種も増えてきた実験ワンド

[城北地区の実験ワンド]淀川は、数多くの生き物たちの住まいとなる豊かな自然環境に恵まれています。 中でもワンドは天然記念物イタセンパラの生息域で生き物たちにとって、また私達にとって、大切な自然環境が残されています。この貴重な水辺の環境を保存し、また動植物たちの最適な場とするにはどのような河川環境が良いのかを知るために、城北地区(城北ワンド群の上流)に新たな人工の実験ワンドを昨年つくって、魚や貝・植物などの調査研究を行っています。ゴミを捨てることによりワンドの水質を悪くし、魚や貝が死んでしまいます。不法耕作等によるヨシ原の破壊は、貴重な鳥などのすみかを脅かし、昆虫類・爬虫類・水際の生物にも悪影響をもたらします。この恵まれた貴重な城北ワンド群を守っていくために、皆様のご協力をお願いします。


戻る  次へ