多くの橋が連なる淀川の下流部
 淀川には多くの橋が架かっています。橋は地理名とは別に、構造上、三角骨組みのトラス橋・アーチ橋・斜張橋・吊り橋などと表現したり、造られた材料で木橋・石橋・コンクリート橋・鉄橋と呼んだりします。電車が通る鉄道橋・車を通す道路橋・水道を通す水管橋・人が通行する歩道橋・いろいろな用途のものを同時に通す共同橋など、様々な用途が複合する橋が淀川に架かっています。河口5kmの河川公園海老江地区から最上流三川合流37km地点の背割堤地区まで合計21橋があり、それぞれのシルエットで見る人の目を楽しませてくれています。


戻る 次へ