風景のMUKASI
詩:滝本明 写真:細川和昭 


爽やかな風に穂を揺らす、初秋の鵜殿の葦原

わたしが 一本の草だった頃
夕暮れのオンナがひとり 唇をひらいた
その時からわたしは
黄色い ツ・キ・ミ・ソ・ウ になった

わたしが一匹の魚だった頃
日に焼けた若いオトコがわたしを呼んだ
わたしはウロコをキラリと見せて
フ・ナ と呼ばれることを覚えた

わたしが一羽の鳥だった頃
ひとりのコドモが道を通った
キ・ジ という叫び声が聞こえた
わたしはその目の前を駆け抜けた

雲も花も魚も虫も
そして 鳥の星座さえも風に揺れている
ここには いろんな名前が住んでいて
わたしはいま わたしの中のムカシを思い出していて


淀川河川公園を楽しむ情報誌
No.19 1998 AUTUMN
編 集/淀川河川公園広報委員会
事務局/(財)河川環境管理財団
〒570-0096 守口市外島町4-18
TEL.06-994-0006

 次へ