HOME > 公園だより > 花便り7/6・太間地区のワタとコスモス

淀川公園だより

「花便り7/6・太間地区のワタとコスモス」
17/07/06/(木)
◇5月に太間地区の花壇に播種したワタが大きくなってきました。3粒ずつ播種し、発芽した苗を1本に間引きしました。また、高さ50p程度で苗を摘芯しています。摘芯をすると枝が横に張り、ワタの花数が多くなります。
ワタのつぼみが付き始めました。オクラに似た花を付けてくれるでしょう。そして、秋には実がなり、昨年のようにたくさんのコットンボールが採れるに違いありません。どうかご期待下さい。
◇太間地区花壇の上流部にはキバナコスモスと混色のコスモス(センセーション)を植えています。少し早く植えたキバナコスモスの花が既に咲き出しています。もうすぐ黄色の花びらに覆われ、その後に混色のコスモスも咲き出すでしょう。
7月4日、太間地区花壇にて撮影。
キバナコスモスはメキシコ原産で、花が咲いたあとに枯れる一年草です。名前の示すとおりコスモスの1種ですが、花色は橙色や黄色などで、普通のコスモスとはまた違った美しさがありますね。